10月 6th, 2016

バイアグラなどのED治療薬を購入する場合、日本では医師の処方が必要となる為、クリニックに行くことで家族などに購入していることがバレるのではないか?
ということを心配する人もいるかとは思います。

バイアグラなどのED治療薬を処方する場合、クリニックなどで診察を受け、その際には保険証などの提示も求められますが、 ED治療薬は自由診療に該当する為保険が適用になりません。

保険が使えないということは自宅などに届く医療費通知に記載もされないので、バレる心配もなく、医薬品もそのままクリニックでもらう処方箋でそのまま購入出来るので安心です。

最近ではバイアグラのジェネリックとして価格が安いこともあって人気の高いカマグラゴールドを個人輸入で購入される方も増えています。

個人輸入で海外のジェネリック医薬品を購入される方が利用するのが個人輸入代行業者です。

個人輸入代行業者のほとんどが通販の医薬品サイトを運営しているので、そこでネットショッピングの要領で簡単に購入出来るのですが、
その際に自宅に配送されて困る場合、郵便局留めという方法で受け取ることも可能なので、自宅に配送されたくない場合には郵便局留めを利用することをオススメします。

荷物が郵便局留めで届く場合にも、個人輸入代行業者は箱の中身について、バイアグラ在中やカマグラ在中などと書くことはありませんので、自宅だけじゃなく、郵便局でも周りの人にED治療薬を購入していることがバレる心配もなく安心です。

良いed治療薬通販サイトを知らないカップルが雰囲気が良くない

よくある記載内容としては健康食品とかサプリメントと書いてある場合が一般的ですが、 ED治療薬だとわからないように梱包してくれるのも嬉しいサービスです。

そしてこの郵便局留めを利用する場合の注意点としては、ご自宅の住所はなく、配達してもらいたい郵便局の住所を記載することになるので、 ED治療薬が指定した郵便局に届いても到着したという連絡がありません。

ですので、郵便局留めでED治療薬を購入した場合、個人輸入代行業者からの発送メールに記載されている「お荷物番号」を、郵便局ホームページにある「郵便追跡サービス」に入力し、自ら検索して確認することで、商品が到着しているかどうかを確認することが出来ます。

この商品の確認に関しては、「商品発送完了メール」が到着してから1周間位を目安に、「郵便追跡サービス」で検索することを忘れないようにしましょう。

郵便物には保管期限があるので、期間を過ぎてしまうと発送元へ返却されてしまう恐れがあるので、郵便局の荷物のチェックは忘れないように気をつけないといけません。

6月 9th, 2016

カマグラに効果を感じるカップル

ネットが普及してきたことで、様々な商品がネットで購入出来るようになりました。

その一つとして医薬品もネット通販で買えるようになり、とても便利な世の中になりましたが、薬事法では医薬品の販売で医師の処方箋が必要で、薬剤師が対面にて販売するというルールがありました。

実際には薬剤師が店舗にいないまま医薬品が販売されているケースがあったり、副作用についてのリスクが不十分な状態で医薬品が販売されている店舗もあったりで、この議論が巻き起こったことによって店舗にも資格を持った薬剤師が配備されるようになり、ネットでも様々なルールが明確化されていった流れがあります。

そのキッカケになったのが2009年に起こったケンコーコムとウェルネットが、国を相手取って起こしたネット販売を禁じた厚生労働省の省令に対する裁判です。

これに対して最高裁が2013年1月にインターネット規制は無効である、という判決を出したことで、2013年12月に薬事法が改正され、医薬品販売のインターネット規制が大幅に緩和された経緯があります。

この裁判によって、この改正薬事法が2014年6月に施行され、現在ではこの薬事法にのっとった様々な医薬品のネット通販サイトが増えています。

そしてその中でもコンプレックス商材に特化した医薬品のネット通販が目につきますが、扱っている商材としては育毛剤やED治療薬などがほとんどです。

共通しているのは、日本では認可が下りていない強い薬が海外では合法で売られているのですが、そういう有効成分の強い医薬品が国内で個人輸入代行業者を介して購入出来るサイトがあり、育毛剤やED治療薬のサイトの大半が個人輸入代行業者が運営している医療品取扱いサイトです。

ED治療薬として先発医薬品として知られているのがバイアグラ、レビトラ、シアリスという大手製薬会社が製造販売する医薬品なのですが、日本でこれらの医薬品を入手する為には医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

ところがバイアグラのジェネリックであるカマグラなどを個人輸入代行サイトで購入する場合、通常のネットショッピングと同じ要領でクリックして住所などを入力して購入出来ます。

そして代金の入金確認後に代行業者が海外に医薬品を発注することで、海外から直接購入者の元へ医薬品が発送されるという仕組みになっています。

個人輸入代行サイトと言っても中には個人が運営しているサイトも数多く存在しますので、中には悪質な個人輸入代行業者から購入した場合、偽造品薬が届く危険性もあるので、個人輸入代行サイト自体は危険ではありませんが、運営している業者によっては、偽造品薬を購入してしまうリスクもあるので注意が必要です。

5月 14th, 2016

ED治療薬を購入する場合、日本では医師の処方箋が必要となりますので、クリニックに行って医師の判断のもとに処方されるという流れが一般的です。

日本国内には薬事法という法律がありますので、医師の処方箋無しに、勝手に医薬品を販売することは禁止されています。

ところがネットでバイアグラを検索すると、ネットでバイアグラを販売しているサイトがいくつか目に付きます。

edのせいで悩むカップル



薬事法では日本では医師の処方箋が必要なのに、なぜ日本のネットで医薬品が買えるのかというと、実はこの医薬品が買えるサイトをよくよく見ると「個人輸入代行」と書かれています。

つまりこの医薬品が買えるサイトというのは、個人輸入という形で医薬品が買えるサイトなのです。

日本では医薬品を購入するためには、医師の処方箋が必要になりますが、海外の医薬品を自己責任で購入する場合には、処方箋は不要となります。

つまり、日本では医師の処方箋という流れを介さずに医薬品を購入する場合、海外から個人輸入という形で購入するしかなく、日本からの発送での通販ですと違法となります。

特にネットでの購入となれば価格での比較も容易となりますので、安い価格の医薬品に人気が集中します。

ED治療薬で有名なのはバイアグラですが、価格面で言うとジェネリック医薬品の方が価格は安くなります。

バイアグラのジェネリック医薬品は様々なメーカーが販売していますが、その中でも人気があって売れているのがバイアグラと同じ有効成分の、シルデナフィルを配合しているカマグラです。

カマグラを購入する場合、カマグラはインドの製薬会社が製造販売するED治療薬ですので、ほとんどの人が個人輸入代行業者の運営している医療品取扱いサイトにて購入しています。

医療品取扱いサイトには様々なサイトがありますが、一番有名なのはオオサカ堂です。

オオサカ堂以外にもアイドラッグストアーやベストケンコー、くすりエクスプレスなどがあります。

価格で比較しても、カマグラをアイドラッグストアーで検索すると、カマグラの一箱が、4錠入りで販売されていて、カマグラ100mg 4錠一箱が1,200円で売っていました。

4錠一箱が1,200円というと、1錠辺りで換算すると300円ということになります。

また、オオサカ堂で同じカマグラが1,144円で販売されており1錠辺り286円となります。
そしてベストケンコーではカマグラ4錠一箱が2,980円なので1錠辺745円です。

つまり個人輸入代行サイトでカマグラはどこでも購入可能ですが、値段や信頼度が異なるので、ご自身で納得出来るサイトを見極め、購入しましょう。

 

5月 14th, 2016

女性に求婚する男性

世の中には様々な疾患で悩む人たちがいます。

その中でも最近注目されているのがED治療薬です。

その先駆けとなったのが、ファイザー製薬が1998年に発売したバイアグラで、元々は狭心症の治療薬として開発していた薬のようです。

日本ではバイアグラは自由診療で保険がききませんが、医師の処方箋で処方されます。
バイアグラを服用することで、有効成分であるシルデナフィルが強い勃起作用を促進し、それによって強い勃起効果が得られます。

このファイザー製薬が発売したバイアグラの他に、バイエルが開発したレビトラや、アメリカの制約会社であるイーライリリー・アンド・カンパニーが開発したシアリスという、3種類の有名なED治療薬があります。

そしてこの3種類のED治療薬の事をPDE5阻害薬とも呼びます。

PDE5とは何の略かというと、PhosphoDiestErase5の略ですが、意味としては、勃起を促進するサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまうという、EDに悪影響を与える酵素のことです。

バイアグラやレビトラ、シアリスといったPDE5阻害薬には、このEDに悪影響を与える酵素を阻害する作用が認められているので、サイクリックGMPを妨げるPDE5を抑制し、勃起効果が期待出来るそうです。

そしてこれらのED治療薬には既に多くのジェネリック医薬品が発売されており、その中でもバイアグラと同じシルデナフィルを有効成分とするカマグラがとても人気があります。

このカマグラを購入する方法として一般的なのは、ネットでの個人輸入での購入で、個人輸入代行業者が運営しているサイトで、カマグラを格安で購入することが出来ます。

バイアグラを購入する際には、日本では医師の処方が必要になりますが、値段も高額ですし、クリニックに行って医師に相談することに抵抗のある人も多いと思います。

そこでネットで気軽に買えるカマグラはジェネリック医薬品のED治療薬なので、バイアグラよりも安ことも値段とともに人気の理由です。

そして配合されているシルデナフィルの量も、バイアグラよりも多いので、ピルカッターなどで半分にすることで、単純に倍の量服薬出来ます。

逆に言うとそのままの量で1錠服薬するということは、バイアグラを2錠服薬するのと同じなので、それではシルデナフィルの量が多すぎて副作用も含めて危険です。

バイアグラで副作用が無く、シルデナフィルの量に物足りなさを感じている人であれば、カマグラの100㎎のシルデナフィルの量でも大丈夫かもしれませんが、やはり体への負担を考えるとピルカッターで半分にして服薬されることをオススメします。

個人輸入代行業者が運営しているサイトでお店から買った感覚になりますが、あくまでも個人輸入は自己責任なので注意が必要です。

5月 4th, 2016

近年はストレス社会と言われていて、ストレスや食生活の変化で、昔よりもストレス性の疾患が増えている時代だとも言われています。

その中でもひそかに増えているのがEDで、あからさまに勃起がしないという事例から、そこまで酷い症状じゃないとしても、若いころよりも衰えていることを気にしている人もおおいみたいです。

EDに効果がある医薬品として一番世界的に有名な医薬品はバイアグラです。
バイアグラはファイザー製薬が開発したEDの治療薬で、全世界で愛用されています。
バイアグラを購入するには日本では医師の処方箋が必要となります。
そしてその価格も保険が適用にならない自由診療ということで、1錠からも処方はしてくれますが、複数の錠剤で購入した場合、それなりの金額になってしまいます。

ed治療薬で性を取り戻す男女のイメージ

既にバイアグラが発売されてから10年以上の年月が経っていることから、世界中で多くのジェネリック医薬品が発売されており、バイアグラの有効成分でもある、シルデナフィルクエン酸塩を主成分としたジェネリックのED治療薬も数多く販売されています。

そんなジェネリックのED治療薬の中でももっとも有名で人気があるのがカマグラで、本家のバイアグラよりも価格が半額以上安いことから、多くの愛用者がいます。

カマグラはインドの製薬会社が発売しているED治療薬なので、当然インドに行けば処方してもらえますが、日本からこのカマグラを購入する場合、個人輸入という方法で購入される方がほとんどです。

個人輸入というと、何か貿易的な手続きをすべて自分でやらなければいけないのではないか?と不安になりますが、実際には個人輸入を代行してやってくれる個人輸入代行業者がおり、この個人輸入代行業者が運営しているサイトでカマグラを購入することが出来ます。

バイアグラとカマグラの違いとしては、まずはこの購入方法の違いにあります。

日本でバイアグラとカマグラを購入する場合、バイアグラは医師の処方が必要となりますので、クリニックで医師の診断の元、購入する流れになります。

一方カマグラは、個人輸入代行業者が運営しているサイトでネット通販のように、ボタンを押して住所などを記載して支払いをするだけで購入可能です。

そしてそれ以外の違いとしては有効成分のシルディナフィルの量の違いがあります。
バイアグラは日本では50mgまでしか発売されていないので、単純にシルディナフィルの量もカマグラ100mgの半分となります。

バイアグラが25mgと50mgなのに対し、カマグラは50mgと100mgがあるので、その分効果も違いあります。

そして一番の違いは価格で、バイアグラの価格とカマグラの価格を比較した場合、その値段の差は約3倍はあるので、単純に同じ成分を配合したED治療薬がジェネリック医薬品ということもあって格安で購入することが出来るのです。


Copyright © カマグラの購入方法まとめ All right reserved. Designed/Developed by Lloyd Armbrust