5月 14th, 2016

女性に求婚する男性

世の中には様々な疾患で悩む人たちがいます。

その中でも最近注目されているのがED治療薬です。

その先駆けとなったのが、ファイザー製薬が1998年に発売したバイアグラで、元々は狭心症の治療薬として開発していた薬のようです。

日本ではバイアグラは自由診療で保険がききませんが、医師の処方箋で処方されます。
バイアグラを服用することで、有効成分であるシルデナフィルが強い勃起作用を促進し、それによって強い勃起効果が得られます。

このファイザー製薬が発売したバイアグラの他に、バイエルが開発したレビトラや、アメリカの制約会社であるイーライリリー・アンド・カンパニーが開発したシアリスという、3種類の有名なED治療薬があります。

そしてこの3種類のED治療薬の事をPDE5阻害薬とも呼びます。

PDE5とは何の略かというと、PhosphoDiestErase5の略ですが、意味としては、勃起を促進するサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまうという、EDに悪影響を与える酵素のことです。

バイアグラやレビトラ、シアリスといったPDE5阻害薬には、このEDに悪影響を与える酵素を阻害する作用が認められているので、サイクリックGMPを妨げるPDE5を抑制し、勃起効果が期待出来るそうです。

そしてこれらのED治療薬には既に多くのジェネリック医薬品が発売されており、その中でもバイアグラと同じシルデナフィルを有効成分とするカマグラがとても人気があります。

このカマグラを購入する方法として一般的なのは、ネットでの個人輸入での購入で、個人輸入代行業者が運営しているサイトで、カマグラを格安で購入することが出来ます。

バイアグラを購入する際には、日本では医師の処方が必要になりますが、値段も高額ですし、クリニックに行って医師に相談することに抵抗のある人も多いと思います。

そこでネットで気軽に買えるカマグラはジェネリック医薬品のED治療薬なので、バイアグラよりも安ことも値段とともに人気の理由です。

そして配合されているシルデナフィルの量も、バイアグラよりも多いので、ピルカッターなどで半分にすることで、単純に倍の量服薬出来ます。

逆に言うとそのままの量で1錠服薬するということは、バイアグラを2錠服薬するのと同じなので、それではシルデナフィルの量が多すぎて副作用も含めて危険です。

バイアグラで副作用が無く、シルデナフィルの量に物足りなさを感じている人であれば、カマグラの100㎎のシルデナフィルの量でも大丈夫かもしれませんが、やはり体への負担を考えるとピルカッターで半分にして服薬されることをオススメします。

個人輸入代行業者が運営しているサイトでお店から買った感覚になりますが、あくまでも個人輸入は自己責任なので注意が必要です。


Copyright © カマグラの購入方法まとめ All right reserved. Designed/Developed by Lloyd Armbrust