5月 14th, 2016

ED治療薬を購入する場合、日本では医師の処方箋が必要となりますので、クリニックに行って医師の判断のもとに処方されるという流れが一般的です。

日本国内には薬事法という法律がありますので、医師の処方箋無しに、勝手に医薬品を販売することは禁止されています。

ところがネットでバイアグラを検索すると、ネットでバイアグラを販売しているサイトがいくつか目に付きます。

edのせいで悩むカップル



薬事法では日本では医師の処方箋が必要なのに、なぜ日本のネットで医薬品が買えるのかというと、実はこの医薬品が買えるサイトをよくよく見ると「個人輸入代行」と書かれています。

つまりこの医薬品が買えるサイトというのは、個人輸入という形で医薬品が買えるサイトなのです。

日本では医薬品を購入するためには、医師の処方箋が必要になりますが、海外の医薬品を自己責任で購入する場合には、処方箋は不要となります。

つまり、日本では医師の処方箋という流れを介さずに医薬品を購入する場合、海外から個人輸入という形で購入するしかなく、日本からの発送での通販ですと違法となります。

特にネットでの購入となれば価格での比較も容易となりますので、安い価格の医薬品に人気が集中します。

ED治療薬で有名なのはバイアグラですが、価格面で言うとジェネリック医薬品の方が価格は安くなります。

バイアグラのジェネリック医薬品は様々なメーカーが販売していますが、その中でも人気があって売れているのがバイアグラと同じ有効成分の、シルデナフィルを配合しているカマグラです。

カマグラを購入する場合、カマグラはインドの製薬会社が製造販売するED治療薬ですので、ほとんどの人が個人輸入代行業者の運営している医療品取扱いサイトにて購入しています。

医療品取扱いサイトには様々なサイトがありますが、一番有名なのはオオサカ堂です。

オオサカ堂以外にもアイドラッグストアーやベストケンコー、くすりエクスプレスなどがあります。

価格で比較しても、カマグラをアイドラッグストアーで検索すると、カマグラの一箱が、4錠入りで販売されていて、カマグラ100mg 4錠一箱が1,200円で売っていました。

4錠一箱が1,200円というと、1錠辺りで換算すると300円ということになります。

また、オオサカ堂で同じカマグラが1,144円で販売されており1錠辺り286円となります。
そしてベストケンコーではカマグラ4錠一箱が2,980円なので1錠辺745円です。

つまり個人輸入代行サイトでカマグラはどこでも購入可能ですが、値段や信頼度が異なるので、ご自身で納得出来るサイトを見極め、購入しましょう。

 


Copyright © カマグラの購入方法まとめ All right reserved. Designed/Developed by Lloyd Armbrust