6月 9th, 2016

カマグラに効果を感じるカップル

ネットが普及してきたことで、様々な商品がネットで購入出来るようになりました。

その一つとして医薬品もネット通販で買えるようになり、とても便利な世の中になりましたが、薬事法では医薬品の販売で医師の処方箋が必要で、薬剤師が対面にて販売するというルールがありました。

実際には薬剤師が店舗にいないまま医薬品が販売されているケースがあったり、副作用についてのリスクが不十分な状態で医薬品が販売されている店舗もあったりで、この議論が巻き起こったことによって店舗にも資格を持った薬剤師が配備されるようになり、ネットでも様々なルールが明確化されていった流れがあります。

そのキッカケになったのが2009年に起こったケンコーコムとウェルネットが、国を相手取って起こしたネット販売を禁じた厚生労働省の省令に対する裁判です。

これに対して最高裁が2013年1月にインターネット規制は無効である、という判決を出したことで、2013年12月に薬事法が改正され、医薬品販売のインターネット規制が大幅に緩和された経緯があります。

この裁判によって、この改正薬事法が2014年6月に施行され、現在ではこの薬事法にのっとった様々な医薬品のネット通販サイトが増えています。

そしてその中でもコンプレックス商材に特化した医薬品のネット通販が目につきますが、扱っている商材としては育毛剤やED治療薬などがほとんどです。

共通しているのは、日本では認可が下りていない強い薬が海外では合法で売られているのですが、そういう有効成分の強い医薬品が国内で個人輸入代行業者を介して購入出来るサイトがあり、育毛剤やED治療薬のサイトの大半が個人輸入代行業者が運営している医療品取扱いサイトです。

ED治療薬として先発医薬品として知られているのがバイアグラ、レビトラ、シアリスという大手製薬会社が製造販売する医薬品なのですが、日本でこれらの医薬品を入手する為には医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

ところがバイアグラのジェネリックであるカマグラなどを個人輸入代行サイトで購入する場合、通常のネットショッピングと同じ要領でクリックして住所などを入力して購入出来ます。

そして代金の入金確認後に代行業者が海外に医薬品を発注することで、海外から直接購入者の元へ医薬品が発送されるという仕組みになっています。

個人輸入代行サイトと言っても中には個人が運営しているサイトも数多く存在しますので、中には悪質な個人輸入代行業者から購入した場合、偽造品薬が届く危険性もあるので、個人輸入代行サイト自体は危険ではありませんが、運営している業者によっては、偽造品薬を購入してしまうリスクもあるので注意が必要です。


Copyright © カマグラの購入方法まとめ All right reserved. Designed/Developed by Lloyd Armbrust