5月 4th, 2016

近年はストレス社会と言われていて、ストレスや食生活の変化で、昔よりもストレス性の疾患が増えている時代だとも言われています。

その中でもひそかに増えているのがEDで、あからさまに勃起がしないという事例から、そこまで酷い症状じゃないとしても、若いころよりも衰えていることを気にしている人もおおいみたいです。

EDに効果がある医薬品として一番世界的に有名な医薬品はバイアグラです。
バイアグラはファイザー製薬が開発したEDの治療薬で、全世界で愛用されています。
バイアグラを購入するには日本では医師の処方箋が必要となります。
そしてその価格も保険が適用にならない自由診療ということで、1錠からも処方はしてくれますが、複数の錠剤で購入した場合、それなりの金額になってしまいます。

ed治療薬で性を取り戻す男女のイメージ

既にバイアグラが発売されてから10年以上の年月が経っていることから、世界中で多くのジェネリック医薬品が発売されており、バイアグラの有効成分でもある、シルデナフィルクエン酸塩を主成分としたジェネリックのED治療薬も数多く販売されています。

そんなジェネリックのED治療薬の中でももっとも有名で人気があるのがカマグラで、本家のバイアグラよりも価格が半額以上安いことから、多くの愛用者がいます。

カマグラはインドの製薬会社が発売しているED治療薬なので、当然インドに行けば処方してもらえますが、日本からこのカマグラを購入する場合、個人輸入という方法で購入される方がほとんどです。

個人輸入というと、何か貿易的な手続きをすべて自分でやらなければいけないのではないか?と不安になりますが、実際には個人輸入を代行してやってくれる個人輸入代行業者がおり、この個人輸入代行業者が運営しているサイトでカマグラを購入することが出来ます。

バイアグラとカマグラの違いとしては、まずはこの購入方法の違いにあります。

日本でバイアグラとカマグラを購入する場合、バイアグラは医師の処方が必要となりますので、クリニックで医師の診断の元、購入する流れになります。

一方カマグラは、個人輸入代行業者が運営しているサイトでネット通販のように、ボタンを押して住所などを記載して支払いをするだけで購入可能です。

そしてそれ以外の違いとしては有効成分のシルディナフィルの量の違いがあります。
バイアグラは日本では50mgまでしか発売されていないので、単純にシルディナフィルの量もカマグラ100mgの半分となります。

バイアグラが25mgと50mgなのに対し、カマグラは50mgと100mgがあるので、その分効果も違いあります。

そして一番の違いは価格で、バイアグラの価格とカマグラの価格を比較した場合、その値段の差は約3倍はあるので、単純に同じ成分を配合したED治療薬がジェネリック医薬品ということもあって格安で購入することが出来るのです。


Copyright © カマグラの購入方法まとめ All right reserved. Designed/Developed by Lloyd Armbrust